第41代 御殿場RC会長 勝又 重春

ロータリーに、学び

第41代 御殿場RC会長 勝又 重春

ロータリーのトップ指導者は、継続的な重点目標とともに、数多くの素晴らしい活動指針を示されました。それらのうち、愛、ロータリーは分かちあいの心、効果的なロータリークラブ、情熱と行動、クラブリーダーシッププラン(CLP)、この五つの行動テーマは特に感銘をうけたものです。また一方において、時の流れにともないロータリーは、管理的な枠組が変化しようとしています。

このようなテーマや変化に、短期間で応えたり容易に対処することは実に難しいことです。これらの課題に対して、私どもは常に基本はロータリーに学び、言わんとする深い意味を読み取り、無理せず調和と効果的な奉仕の楽しみを、徐々に高めてゆきたいと思っています。

世の中は明日をもわからないような急激な変化の時代であり、RIおよび地区も組織等の大きな変化があります。この状況の中、御殿場ロータリークラブは、先輩の皆様のご努力ですばらしい歴史と伝統を築かれ、充実したクラブに成長いたしました。私はこれを尊重し、継続し、更なる発展を目指していきたいと思います。

それぞれの委員会活動につきましては、歴代、脈々と続いている事業もあります。そこに何か一工夫があれば、試みて心地よい思い出をつくっていただくよう望んでいます。

創立40余年の歴史に培われた堅実な品格と伝統をもつ御殿場ロータリークラブにおいて、また地域社会に根ざしつつ、皆さんとともに、淡々と、ロータリーに、学びながら、この1年間、会長の役職を務めをさせていただきますので、ご支援助言を、よろしくお願い申し上げます。


第40代 御殿場RC会長 土屋 闊正

継続は力なり

第40代 御殿場RC会長 土屋 闊正

本年は、1967年創立以来40周年を迎えます。

この記念すべき年に、御殿場ロータリークラブの会長に就任いたしますことは、誠に光栄に思うと同時に責任の重さを痛感しております。まず最初に、先輩の皆様、会員の皆様のご指導ご支援がなくては到底務まらぬ大役ですので、是非ともご協力の程お願い申し上げます。

ウィリアム・B・ボイドRI会長のテーマは、「率先しよう」(Lead the Way)であります。「奉仕と親睦を通じて、明るい未来をもたらすために、ロータリアンが力を合わせて率先していこう」ということであります。RI会長は、「継続の力、協力の精神、持続性も重要であると信じています」と切り出し、水保全、識字率向上、保健および飢餓、ロータリー家族の四つの強調事項をあげています。

世の中は明日をもわからないような急激な変化の時代であり、RIおよび地区も組織等の大きな変化があります。この状況の中、御殿場ロータリークラブは、先輩の皆様のご努力ですばらしい歴史と伝統を築かれ、充実したクラブに成長いたしました。私はこれを尊重し、継続し、更なる発展を目指していきたいと思います。

本年は、二つの重点目標をクラブの基本方針といたします。

  1. 創立40周年を成功するよう努力いたします。
  2. 「継続は力なり」をモットーに、長年の歴史と伝統を尊重して、奉仕と親睦の輪を広げ、魅力ある楽しいクラブになるよう努力いたします。

誠実に前向きに、微力ながら努力する所存でございますので、ご協力を宜しくお願い申し上げます。


第39代 御殿場RC会長 山口 幸男

新しい奉仕の世紀を迎えて

第39代 御殿場RC会長 山口 幸男

私たちは前年度において、国際ロータリー100周年を祝ました。また、同時に1905年のロータリー誕生以来の足跡について、振り返る機会でもありました。そこには、世界の夢でありましたポリオの撲滅という大きな事業の成功もありました。

10年という長い事業でありましたが、継続した結果だと思います。このような実績をふまえ、今年度のR.I会長のカール.ヴィルヘルム.ステンハマー氏は、「超我の奉仕」(Service above self)をテーマに掲げました。

1911年に採択されて以来95年間にわたり、ロータリーとロータリアンの精神を表現してきた標語でありました。まさにロータリーの原点に戻ろうということだと思います。ロータリーの新世紀を迎え、奉仕プロジェクトの目標達成に向けて走り始めました。 ステンハマー会長は継続と協調をキーワードに次の項目を優先課題としました。

「識字率の向上 教育の推進 水の保全 保健衛生 飢餓追放」

私たちのクラブは、1967年創立以来本年は39年目にあたります。人間に喩えれば、まさに働き盛りのバイタリティに富んだ時期であります。この時期に、60人余の素晴らしい会員とともに、先輩が築いてきた御殿場クラブの伝統を引き継ぎ、50周年をめざして奉仕と親睦の輪を広げていきたいと思います。“心清ければ事達する”を信念に持ち、素直に、謙虚に、会員の皆さんの思いに耳を傾け、一年間微力ながら会長の任を努めさせていただきますのでよろしくお願い申し上げます。


第38代 御殿場RC会長 稲葉 博之

当たり前のことを当たり前に行う

第38代 御殿場RC会長 稲葉 博之

1967年に創立され、今年で38年目に入る、歴史と伝統のある御殿場ロータリークラブ、そしてRI第2620地区静岡第2分区からのはじめてガバナーが三島ロータリークラブから選出され、そのガバナー補佐が御殿場ロータリークラブから推薦されました。

1905年、国際ロータリーではシカゴの鉱山技師の事務所で凍てついた2月の夜、そこに集まった4人の男性ポール・ハリス、シルベスター・シール、ガスターバス・ローア、ハイラム・ショーレーは、誰一人として100年後に31,000ものクラブが誕生し、会合を開くとは勿論のこと、その会合が定期的に行われることになるとは、予想だにしなかったでしょう。

その100年目が、2005年2月23日、記念すべき日が近ずきつつあります。その年にはからずも会長を受け継ぎ、責任の重さを痛感しております。クラブ歴代の会長様をはじめクラブメンバーのご努力により、現在の御殿場ロータリークラブがあるわけですが、数々のロータリーの歴史に思いを寄せ、暖かくて楽しいクラブの伝統をそこなうことなく、個性あるクラブ創りをしたいと思います。また100周年という年に、原点にかえりロータリーとは、もう一度考えてみたいと思います。

本年度クラブ内では、次の二点を重点目標といたします。

  1. プログラム、ロータリー情報、親睦活動、をとくに重視したいと思います。
  2. IM(Intercity Meeting)のホスト当番年度です、成功裡終わるよう努力をいたします。

今世の中では「当たり前でない」ことがもてはやされている中で「当たり前」のことを「当たり前」にできることの大切さ、その「当たり前のこと」を継続しつづける事の大切さ。そんなことから「当たり前のことを当たり前に行う」を本年度のターゲットとしました。クラブ理事役員の皆様そして各委員長、クラブメンバー皆様のご支援ご協力お願い申し上げ会長所信といたします。


第37代 御殿場RC会長 水口 正宏

さらりとしたロータリーライフを

第37代 御殿場RC会長 水口 正宏

内海年度を感謝の思いを込めて送りながら、御殿場ロータリークラブ37年度の会長を務めさせて頂きます。全ての会員の皆様と同じ心で歯車を回すことが出来ますよう、どうぞ宜しくお願い申しあげます。

RIのテーマは、今からちょうど50年前の1953~54年度から明文化・恒常化されたようですが、本年度のテーマはLendaHand(手を貸そう)と、まことに単純・簡潔で、マジイアベ会長(ナイジェリア)自身が言っているように、ロータリーの奉仕の神髄を雄弁に語っていると思います。彼は『大部分のロータリアンは比較的快適に暮らせる幸運に恵まれている。・・しかし世界中ほとんどどこの地域でも、そこは人々にとって深刻な何かを抱えている火宅なのだ・・私たちロータリアンは、地域社会や世界に対して常日頃手を貸している・・その手を〈クラブに〉〈天職に〉〈地域社会に〉〈世界に〉貸そう』と言っています。

これは、言葉を替えれば、クラブ奉仕・職業奉仕・社会奉仕・国際奉仕に該当するものであり、具体的な強調事項としては「貧困の緩和」「識字率の向上」「教育・保健」「ロータリアンファミリーへの配慮」であり、佐藤進地区ガバナー(甲府西)も『各クラブで新たな切り口で取り上げて頂くことを期待する』と要請しています。

私は、わがクラブは先輩たちの努力の積み重ねで、どの部門を見ても他に比肩して遜色のないクラブであると自負しています。財団への貢献度をはじめとして、やるべきことはきちんと出来ているはずですから、あとは力の及ぶ範囲内で簡潔に、重くならず凝らないで、虚飾を廃して、さらりとしたロータリーライフを営みたいと思います。

「超我の奉仕」を実践する団体として、そして現下の社会情勢の中にあって標準的な活動をしていくために、メンバー個々の思いを大いに発揚させることをもって、クラブの意思にしたいと思います。宜しくご協力のほどお願い致します。


第36代 御殿場RC会長 内海 宣彦

夢見つつ広く播こう愛の真心

第36代 御殿場RC会長 内海 宣彦

今年度ロータリーアンの指針となるビチャイ・ラタクルRI会長のテーマは “Sow The Seeds Of Love” 『慈愛の種をまきましょう』です。慈愛の種を先ず自分のクラブに、次に自分の職場に、地域社会に、そして世界に播こうと唱えております。

ロータリーは、数多くのプログラムを通して奉仕活動をしていますが、その中で一貫した基本は、愛の真心から生じたもの、即ち慈愛でありそれこそがロータリーの仕事を背後から支え、最善のものにする原動力と申されております。変革の時期に、また物事の節目に常に問われることは、その原点です。ロータリーの原点は、まさに愛の真心から生じた奉仕活動ではないでしょうか。「夢見つつ広く播こうよ愛の真心」を念頭に置き、諸活動に取り組みたいと存じます。

ところで、今まさにIT時代に突き進んでいます。速報性、経済性、探索の簡便性をみてもITの社会構造に必ずなると思います。当クラブは、IT先進クラブを目指し昨年度から「雑誌広報IT委員会」をスタートさせました。今後は全会員のITレベルの向上に努め、全国のロータリーアンとホームページを通じて「愛の真心」を表現できる盛んな交流を図れたらと思いますので宜しくお願い申し上げます。


第35代 御殿場RC会長 長田 吉弘

友愛

第35代 御殿場RC会長 長田 吉弘

今年度全ロータリアンの指針となるリチャードD・キングRI会長のテーマは“MANKINDISOURBUSINESS”『人類は私達の仕事』です。

すでにご存知のようにチャールズ・ディッケンズのクリスマス・キャロルからの引用で、これに続く言葉「社会の安寧のための博愛、憐愍、寛容、慈愛これらすべてをなすのが私達の仕事だ」によって理解することが出来ます。

さらにキングRI会長はロータリーが今抱えている課題を4つ示されました。

(1) ロータリー会員の増強の必要性
(2) ロータリーに対する公共的イメージの安定
(3) クラブ内における研修と教育の必要性
(4) クラブのレベルアップ

ロータリーの限りない未来を語るにはこの課題の解決こそが必要であると語りました。

今年度35周年を迎える御殿場ロータリークラブの会長を務めさせていただくにあたりRI会長のテーマ(人類が私たちの仕事)を私なりに解釈して、友を愛し、友と親しむ、「友愛」を今年度の基本的な方針として、ロータリーと言う奉仕する団体の中で、良き友達を大勢作り二つの誓約・・「個人個人をロータリーに引き込むこと、そして我が地域社会で洩れなく生活の質を高める」ことを実践したいと思います。

小泉首相の好きな言葉に『大事争うべし、些事(さじ)構うべからず。』と言うのがありますがこれは私の座右の銘でもあり、クラブ運営の基本的な考えにしていこうと考えています。首相官邸が発行した小泉メールマガジンの購読登録が200万人を越え、日本のIT化も急速に拡大しており、ロータリーにおいても又然りであります。本年度から雑誌広報委員会に去年立ち上げたホームページを管理する委員会を統合し新しく「雑誌広報IT委員会」としてスタートさせました。クラブ会員全員のITレベルの向上に努めIT先進クラブを目指したいと思っております、ホームページを通じて全国ロータリアンの皆様と盛んなる交流を図れたらと考えますので宜しくお願い申し上げます。

21世紀の最初の年、又、創立35周年を迎える御殿場ロータリークラブの会長に就任致しますことは、誠に光栄に思い見の引き締まる思いでございます。創立以来、多くの諸先輩や会員のご努力によって、地域社会に信頼されるクラブを築きあげてきました。この素晴らしい伝統を継承しながら会員の皆様とともに、リチャード・キングRI会長のテーマ「人類は私達の仕事」とRI2620地区高崎ガバナーテーマである「ロータリーを学ぼう!ロータリーを楽しもう!」このテーマに対して、会員一人一人の叡智を出し合いながら、友を愛し、友と親しむ、友愛精神の「友愛」を今年度の方針として掲げました。会員の皆様それぞれの「友愛」を大切にして、奉仕活動・親睦にと、そしてそれぞれの委員会の事業を遂行していただきたいと思います。

昨今、世界の多くの国々に比べ、まだまだ経済的に恵まれた環境にあるにもかかわらず、口を開けば景気の悪い話ばかりする私達日本人は、最も大切なものを失っている気がしてならない。多種多様な命が自由に往来する時代に、相手との違いを認識し許容する友愛精神は共に生きるうえで、最も大事にしなければならないと思う。弱肉強食と悪平等の中間に位置するのを友愛社会と人は言います。その実現を目指して、そして、友を愛し、友と親しむ精神的なゆとりが質の高い実のある「友愛」の世界をもたらすものと信じて努力して生きたい。そして自分が会長に就任して、今何をなすべきかを純粋に問い直す時、やはりロータリーの綱領の素晴らしさに戻ります。

今日から改めて綱領を熟読し、友愛の精神をもって実践し、会員の皆様と共に交友を通じて地域社会へのより多くの奉仕の機会を実践してみたいと思います。とにかく、今日から、ロータリーを楽しみたいと思います。


第34代 御殿場RC会長 田代 博久

意識を喚起し、進んで行動を!!

第34代 御殿場RC会長 田代 博久

御殿場ロータリークラブ2000-2001年度会長を拝命いたすことになりました。この一年、よろしくお願い申しあげます。

さて、この期は20世紀から21世紀への架け橋である記念すべき時期であります。又、ロータリー100周年を目前に控えており、ポールハリスは、「世界は常に変化している。ロータリーは、この世界と共に変化していかなければならない。ロータリーの物語は、幾度も書きかえられねばならない」と語っている通り、ロータリーの原点にかえって、発想の転換を計らなければならないと思います。

フランクJ.デブリンRI会長は「私達の使命は、私達のクラブ、地域社会、そしてあまねく広く世界において、意識を喚起しー進んで行動を」と呼びかけております。

昨今は、物の豊かさに反比例するように「心の貧しさ」が目立ち「心の教育」が必要になっております。RI会長の呼びかけに対して、共に考えねばならないと思います。

いま、世界は大変革期に入っていると言われており、特に「情報革命」という時代の転換期に当たって行動を起こさなければならない大切な時期となっております。

当クラブはホームページ開設に向けて検討を重ねてまいりましたが、このたび広く社会に情報を発信出来るクラブのホームページ開設することになりました。皆様方との交流を切にお願い申しあげます。


HP開設以前の会長

  • 1999~2000年度 第33代御殿場ロータリークラブ会長 根上 眞一
  • 1998~1999年度 第32代御殿場ロータリークラブ会長 鈴木 崇司
  • 1997~1998年度 第31代御殿場ロータリークラブ会長 斉藤 保
  • 1996~1997年度 第30代御殿場ロータリークラブ会長 守屋 善雄
  • 1995~1996年度 第29代御殿場ロータリークラブ会長 深沢 昭三
  • 1994~1995年度 第28代御殿場ロータリークラブ会長 高柳 雄輔
  • 1993~1994年度 第27代御殿場ロータリークラブ会長 勝又 英男
  • 1992~1993年度 第26代御殿場ロータリークラブ会長 小野 篤之
  • 1991~1992年度 第25代御殿場ロータリークラブ会長 渡辺 剛康
  • 1990~1991年度 第24代御殿場ロータリークラブ会長 豊山 譲
  • 1989~1990年度 第23代御殿場ロータリークラブ会長 生野 旭
  • 1988~1989年度 第22代御殿場ロータリークラブ会長 勝間田 豪亮
  • 1987~1988年度 第21代御殿場ロータリークラブ会長 橋本 勤
  • 1986~1987年度 第20代御殿場ロータリークラブ会長 菅沼 久
  • 1985~1986年度 第19代御殿場ロータリークラブ会長 勝又 龍児
  • 1984~1985年度 第18代御殿場ロータリークラブ会長 小見山 勘一
  • 1983~1984年度 第17代御殿場ロータリークラブ会長 保坂 昭夫
  • 1982~1983年度 第16代御殿場ロータリークラブ会長 臼井 三郎
  • 1981~1982年度 第15代御殿場ロータリークラブ会長 岩田 英治
  • 1980~1981年度 第14代御殿場ロータリークラブ会長 芹沢 進
  • 1979~1980年度 第13代御殿場ロータリークラブ会長 勝間田 芳麿
  • 1978~1979年度 第12代御殿場ロータリークラブ会長 山中 静樹
  • 1977~1978年度 第11代御殿場ロータリークラブ会長 勝間田 利正
  • 1976~1977年度 第10代御殿場ロータリークラブ会長 瀬川 瑛司
  • 1975~1976年度 第9代御殿場ロータリークラブ会長 勝亦 宗作
  • 1974~1975年度 第8代御殿場ロータリークラブ会長 田代 春信
  • 1973~1974年度 第7代御殿場ロータリークラブ会長 幾田 裕男
  • 1972~1973年度 第6代御殿場ロータリークラブ会長 鈴木 一
  • 1971~1972年度 第5代御殿場ロータリークラブ会長 大庭 健三
  • 1970~1971年度 第4代御殿場ロータリークラブ会長 篠原 久司
  • 1969~1970年度 第3代御殿場ロータリークラブ会長 橋本 三男
  • 1968~1969年度 第2代御殿場ロータリークラブ会長 鈴木 栄蔵
  • 1967~1968年度 第1代御殿場ロータリークラブ会長 橋本 九市(正敏)